美味しい醤油をお取り寄せしよう!うすくち醤油とこいくち醤油の違いやおすすめの使い分け方

うすくち醤油とこいくち醤油はどちらも同じ醤油ですが、見た目や味がそれぞれ異なります。そのため、料理に用いる際にもうすくち醤油のほうが合う料理もあれば、こいくち醤油のほうが合う料理もあります。

こちらでは、美味しい醤油のお取り寄せもできる徳星醤油醸造場が、うすくち醤油とこいくち醤油の違いやうすくち醤油とこいくち醤油の使い分けについて紹介します。

うすくち醤油とこいくち醤油の違い

小皿に注がれるうすくち醤油

うすくち醤油とこいくち醤油の主な違いは、「色」と「塩分濃度」です。

色に関してはうすくちとこいくちという名前のとおり、うすくち醤油のほうが薄めの色でこいくち醤油のほうが濃いめの色になっています。

しかし塩分濃度はうすくち醤油が18%~19%、こいくち醤油が16%程度と、うすくち醤油のほうが2~3%ほど濃くなっています。

うすくち醤油のほうが塩分濃度が濃いのは、醤油が熟成して色が濃くなる前に仕上げるため、その分塩を多めに使うからです。どうしても色の濃さと名前に引っ張られて、こいくち醤油のほうが味が濃いと思ってしまいそうですが、実際は完全に逆であるということには注意しておかなければなりません。

料理に用いる場合も、うすくち醤油でこいくち醤油の代用をするのであれば、レシピに書かれている分量よりも少なめにしなければしょっぱくなってしまいます。

徳星醤油醸造場では、初代から大切に受け継いできた杉桶で美味しい醤油を手作りしています。うすくち醤油とこいくち醤油のセットも取り扱っていますので、それぞれの醤油の味の違いを楽しんでいただくことも可能です。全国どこからでもお取り寄せ可能なので、美味しい醤油をお探しの方はぜひ徳星醤油醸造場にお問い合わせください。

うすくち醤油とこいくち醤油のおすすめの使い分け

肉じゃが

うすくち醤油とこいくち醤油はそれぞれ特徴が異なるため、料理で用いる際には使い分けることをおすすめします。

素材のよさやだしの風味を楽しみたい場合はうすくち醤油

うすくち醤油は上品で優しい甘みが特徴なので、卵焼きや炊き込みご飯に用いると素材のよさを生かしながら味を引き締めてくれます。

また、こいくち醤油よりも色が薄いというのも重要なポイントで、お吸い物や茶碗蒸しのような醤油の色をあまり付けたくない料理には、うすくち醤油を使うのがおすすめです。

醤油のしっかりした風味を楽しみたい場合はこいくち醤油

こいくち醤油はしっかりとした香りやコクがあるので、肉じゃがや魚の煮付けなどの味付けにはぴったりです。冷ややっこにかけたり刺身に付けたりと、素材をそのまま食べる場合もこいくち醤油を使うケースが多いと言えます。

徳星醤油醸造場は美味しい醤油を作っており、お取り寄せも可能です。うすくち醤油もこいくち醤油もじっくり時間をかけて熟成させて作っているので、優しい甘みと香り高さをお楽しみいただけます。

うすくち醤油とこいくち醤油のセットも人気ですので、醤油のお取り寄せを検討されている場合はぜひ徳星醤油醸造場の商品をご検討ください。

おすすめの美味しい醤油をお取り寄せするなら徳星醤油醸造場へ うすくち醤油とこいくち醤油をご用意

うすくち醤油とこいくち醤油は色や塩分濃度に違いがあり、色はうすくち醤油のほうが薄いですが、塩分濃度はうすくち醤油のほうが濃いです。

料理に用いる場合、うすくち醤油は素材のよさを楽しみたいものや醤油の色を付けたくないもの、こいくち醤油は醤油のコクや風味をしっかり楽しみたいものに使うのがおすすめです。

徳星醤油醸造場では、じっくり時間をかけて熟成させた手作りの美味しい醤油を取り扱っています。うすくち醤油もこいくち醤油も、それぞれの醤油のよさを感じていただける商品となっています。美味しい醤油をお取り寄せしたいとお考えの方は、ぜひ徳星醤油醸造場にお問い合わせください。

美味しい醤油をお取り寄せするなら徳星醤油醸造場へ

店舗名
徳星醤油醸造場(徳星商店)
代表者
吉田 宏
創業
大正7年
住所
〒634-0111 奈良県高市郡明日香村大字岡1168
TEL
0744-54-2023
FAX
0744-54-4557
URL
https://109star.com/
営業時間
8時30分~18時
定休日
毎週日曜日・年末年始・お盆休み(8月中旬)
徳星醤油醸造場(徳星商店)
〒634-0111
奈良県高市郡明日香村岡1168
TEL:0744-54-2023
FAX:0744-54-4557
8:30~18:00/日曜定休
徳星醤油イメージ
アクセス
お問い合わせ
通信販売
商品一覧
フェイスブック
味噌、甘酒、塩麹レシピ
原材料・栄養成分表示
このページのトップへ